ニュース

岩谷和也教諭(三木東高校)が生徒に暴力や暴言?その内容もヤバい!

兵庫県にある三木東高校の33歳教諭「岩谷和也」が生徒会費の666万円を横領し懲戒免職となりました。ここまでの大きい額が無くなるまで周りが気づかなかったのも、管理がずさんですよね。

そして驚きなのが、横領(着服)の他に、暴力や暴言もあったことが明らかとなっています。

どんな内容だったのかも注目して見ていこうと思います。

岩谷和也教諭(三木東高校)が生徒会費を横領

兵庫県教育委員会は、保護者から預かった生徒会費666万円を不正に着服したとして、県立三木東高校の男性教諭の岩谷和也(33)を免職処分にした。

2018年4月から、野球部の用具購入や遠征費用を補助する生徒会費の会計を担当していた。

2018年8月~19年11月、通帳から173回にわたり計768万円を不正に引き出し、そのうちの666万円をパチンコや競馬などに使ったとされている。

すでに全額弁済済みですが、免職処分なったことが発表されている。

岩谷和也教諭(三木東高校)が生徒に暴力や暴言

今回生徒会費を横領したことによって、岩谷教諭の実名が明らかとなりましたが、なんと体育の授業中に暴力とも受け取れる行為をしていたこともわかっています。

その内容とは

野球部の顧問でもあり、保健体育の教諭、体育系の進路の担当でもあったようです。

普段生徒からは、「ワッキー」というあだ名で呼ばれていたのだとか。

体育の授業中、岩谷教諭が生徒の前で話をしているときのこと・・・

このとき雑談をして話を聞いていなかった生徒に対し、後ろから蹴ったといいます。

この出来事は、学校内でも一時期問題になったようです。

その後、蹴られた生徒、両親、岩谷教諭、担任、校長が集り校長室で示談をすすめる話がされたというのです。

その際も岩谷教諭は、「おまえの態度にも問題があるよな?違うか?」と生徒に対して発言したようです。

話を聞いて雑談してしまった生徒にも非はありますが、そこは言葉で注意すべきですよね。

蹴るなんてもっての外ですし、体罰と言われてもおかしくないと思います。

生徒の親は、岩谷の発言や態度に激怒し、「話にならない。二度とうちの子に関わるな」と一言残し話し合いは、終わったようです。

岩谷和也教諭が勤務していた三木東高校の闇

岩谷和也教諭が勤務していた三木東高校ですが、先生同士の間でも「いじめ」があったのではないかと噂になっていたようです。

今から約2年前、新人女性教論のA先生がいました。

当時、三木東高校で英語を教えサッカー部の顧問だったY先生などが、女性教諭A先生に対しいじめをしていたことで、突然姿を消し翌年退職されていたことが学校内で話題になったそうです。

職員室でA先生が泣いている横で、Y先生が笑いながら「メソメソ泣くなや、そんなんで先生が務まると思っているのか」など罵声をかけていたことを、生徒が目撃したとされています。

A先生はとても優しくクラスにも積極的で良い先生だったので、急に学校に来なくなり退職したのは、とても不自然だと噂になったのだとか。

Y先生は普段から生徒には、いじめだけはするな!と呼びかけていたのに先生同士でいじめまがいな行為をしていたこともあり、生徒からは信用されていなかったようです。

三木東高校はでは、様々が問題が上がっていますが・・・

なかなか闇が深そうですね。

まとめ

今回は『岩谷和也教諭(三木東高校)が生徒に暴力や暴言?その内容もヤバい!』についてご紹介しました。

今回、生徒会費を横領したことで公になった岩谷和也ですが、生徒に暴力暴言があったとは・・・。

今回懲戒免職になって安心している生徒や保護者も多いのではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。