おもしろネタ

株式会社△□◯社名の読み方や由来は?ビルの看板の場所も調査!

「(株)△□〇」という会社があり、なんて読むの?由来は?など話題になっています。

なぜ話題になっているかというと、広島高速鉄道のアストラムラインの伴中央駅のホームから、この(株)△□◯の看板が見えるそうなのです。

そこで、今回は
・(株)△□〇の読み方や由来
・(株)△□〇どんな会社なのか
・(株)△□〇の看板の場所

こちらについて調査したので、さっそくチェックしていきましょう♪

株式会社△□◯社名の読み方や由来

普通に読んだら、「さんかく、しかく、まる」ですが(笑)

(株)△□〇と書いて『ミヨマル』と読みます。

ヌコ
ヌコ
それ、絶対わからんww

ヒントを出されていても、正解するにはかなり難しい読み方です。

なぜ、こんな変わった社名にしたかというと・・・

由来は、先代の社長であり創業者の、福田剛さん(82)の「ひらめき」からなんだそう。

そんな福田さんが「壮大な社名」を考えていたところに「屋根は三角で、窓は四角、人の顔は丸い」とひらめいたそうです。

「この世の原形は△□○に集約される」と考えたことで、そのまま社名に(笑)

辺の数から「△」は「ミ」、「□」は「ヨ」と読み、○はそのまま「マル」にした。「よくおでんの具に間違えられますが、唯一無二のオンリーワンの社名だと思っています」と生西社長は胸を張る。

にゃん太
にゃん太
確かに縦から読む?見る?とおでんに見えるなw

株式会社△□◯どんな会社?

(株)△□〇は昭和49年に創立しています。

トイレや会議室などを間仕切るのに利用する、パーティションなどの製造・販売・施工を手掛けており、今年6月期の決算では、初の年商10億円を達成。

本社:広島県安佐南区

支社:福島県、九州

事務所:大阪市内、東京市内

本社だけかと思いきや、各地に支社や事務所があるので△□〇の看板をどこかで見ることもできるかもしれませんね。

顧客と多くが、建築業者など企業が中心で、5年後には創業50周年の節目を迎えます。

それに伴い、新しい事業展開も考えているんだとか。

 

そして、面白いのが「ミヨマル」を徹底されています。

資本金の返還から、電話番号、銀行口座までもが「340」が入っているんです!

(株)△□○
本社、中国支店
電話番号 082(848)-3400 (ミヨマルオー)
(株)△□○
本社、中国支店
FAX番号 082(848)-3406 (ミヨマルロク番)
(株)△□○九州支店 電話番号 092(938)-8340 (ヤーミヨマル)

引用:株式会社△□〇

もう、スゴいのひと言です。

ここまで徹底されている企業は、珍しいのではないでしょうか?

△□◯のビルの看板の場所

場所は、広島市安佐南区の住宅街にあります。

【(株)△□○ 本社所在地】
〒731-3165
広島県広島市安佐南区伴中央4丁目8-23

「広島高速鉄道・アストラムラインの伴(とも)中央駅ホームから『(株)△□○』の看板が見えるそうです。

今回Yahoo!ニュースで話題となった「(株)△□〇」の看板で、みなさんに読み方やどんな会社なのかについても知れ渡り、思わぬ宣伝効果になっているのではないでしょうか。

まとめ

今回は『株式会社△□◯社名の読み方や由来は?ビルの看板の場所も調査!』についてご紹介しました。

・(株)△□〇の読み方は『ミヨマル』

・名前の由来は、先代の社長であり創業者の福田剛さん(82)の「ひらめき」から生まれ、「屋根は三角で、窓は四角、人の顔は丸い」「この世の原形は△□○に集約される」ということでした。

かなり印象に残るので、営業先でも覚えてもらいやすいというメリットもありそうですね(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。