ニュース

ユースビオ代表者名は樋山茂!野木新一が暴露した真実の内容は?

アベノマスクを受注した企業の1社が『ユーズビオ』と公表されました。謎に包まれ多くの疑惑が上がっていますが、その代表者である樋山茂氏や会社について、元ナンバー2だった野木新一氏が暴露されています。

どんな内容を暴露されているのかに注目して、見ていこうと思います。

ユースビオ代表者名は樋山茂

アベノマスクを受注した会社5社が公表されました。

その中の『株式会社ユースビオ』ですが、謎と疑惑に包まれています。

会社概要が事業内容すら不明と言われている、株式会社ユースビオ。

ですが、元ナンバー2の取締役をしていたこともあった野木新一氏が名前や年齢を暴露。

それ以外のことについても暴露されています。

株式会社ユースビオ

代表者名:樋山茂

年齢:58歳

下で詳しく暴露した内容をまとめていますが、樋山氏と野木氏は6年間の付き合いがあったようですが

マンション、遊ぶ金、船も樋山氏が金を出していたと言われています。

会社のナンバー2ともなれば、そこまで高待遇なの?と驚くばかりですが・・・

やはり普通の企業であれば、そうではないですよね。

そして、ユースビオ代表の樋山氏は、以前脱税をされていた事実も明らかになっています。

野木新一(元ナンバー2の取締役)が暴露した真実の内容は?


株式会社ユースビオの代表である樋山茂氏と、2003年までの6年間つきあいがあったことをFacebookで公表。

一時期、㈱樋山305ストレイツの取締役をしていた事もあり、樋山茂氏や運営会社についても詳しい方なのが覗えます。

野木新一氏は、今回のアベノマスクの一件や、ユースビオについてこんなことを暴露されています。

その重要な内容をまとめると・・・

  • 日本政府はコロナ収束に全力ではなく、(株)ユースビオのクリーニングに全力だった
  • (有)樋山電販、(株)樋山ユースポット、(株)樋山305ストレイツは、100%まともな会社ではない
  • 公明党や反社とのつながりがある

今回暴露された野木新一氏は、4月28日現在、急性心筋梗塞で入院されています。

気づくことが早かったことや、病院での適切な手術や処置により大事には至らなかったようですが、命に関わる事態だったことに変わりありません。

自分の命が助かったのも、今回の件を公に知ってもらわなければならない、その為に生かされたのだとも仰っています。

そしてユースビオに関しては政府も関わっているので今後、野木新一氏が消されないか心配になります。

ユースビオ代表者名は樋山茂に関するネットの反応

ネットやSNSでの反応も見ていきましょう。

ユースビオは労働保険適用事業所ではない
→社長一人だけのペーパーカンパニーってこと?

ユースビオはダミー会社っぽい、、、不自然な点が多すぎる

ユースビオ社長の樋山茂氏は2018年に逮捕歴があるみたいだけど、こんなところに本当にマスク発注するのか??

アベノマスクの会社、公明党のポスターが貼ってあるし
色々と隠したいことが多いようだね

どんどんと謎に包まれていた疑惑が、明らかになってきています。

国民の税金が投入されているので、有耶無耶で片付けてしまっては困りますよね。

今後の動向にも注目していきたいと思います。