注目人物

大山皓生(ダイワスーパー社長)の大学や経歴は?年商10億円の逆転人生!

ダイワスーパーのフルーツサンドは「萌え断」「すぐ完売」すると話題になっています!そのダイワスーパーの社長である大山皓生さんも話題になっています。

なぜなら、社長になる以前のダイワスーパーは累積3,000万円の赤字経営だったのです。

そこから年商10億円の会社に立て直した人物でもあるからです。

そんなダイワスーパー社長の大山皓生さんについて

  • 大山皓生のプロフィールや経歴
  • 大山皓生の家族構成
  • 年商10億円への逆転人生

今回は、こちらを詳しく見ていこうと思います。

大山皓生(ダイワスーパー社長)の大学や経歴は?

ダイワスーパー社長の大山皓生さんはどんな経歴の持ち主なのでしょうか。プロフィールもチェックしていきましょう!

大山皓生(ダイワスーパー社長)のプロフィール

名前大山皓生(おおやまこうき)
生年月日1993年10月30日
年齢27歳(2020年月現在)
出身愛知県岡崎市
血液型B型
SNSアカウント■Twitter
■Instagram

大山皓生(ダイワスーパー社長)の高校・大学

先代のおじいちゃんの代では累積3,000万円の赤字を抱えていたダイワスーパーですが、現在では年商10億円と見事にV字回復されています。

なんと赤字だった3,000万円をたった10ヵ月で完済されているということに驚きを隠せません!凄すぎますよね!

そんな社長である大山皓生さんは、どちらの高校・大学を出られているのでしょうか?

調べてみると、高校は安城学園岡崎城西高等学校。

なんと、尊敬する人は高校時代の同級生で人気YouTuberの「東海オンエア」だと言われています。

東海オンエアの出身高校も安城学園岡崎城西高等学校ですので、おそらく間違いないでしょう。

そして、出身大学ですがどうやら大学2年生の時に退学しているようなのです。

ダイワスーパーのHPに、大山さんのプロフィール紹介のページでは

大学時代:学生イベントサークルを立ち上げ、かなり儲かった。(笑)しかし、自惚れに自惚れ、全てを失った。大学中退。

一時期はイベントサークルで儲けたものの、その後自分が思うようにイベントが上手くいかなかったのが、中退した理由なのかもしれません。

通われていた大学ですが、残念ながらが現在の所わかりませんでした。

大山皓生(ダイワスーパー社長)の逆転人生

累積3,000万円の赤字から年商10億円になった逆転人生。

なぜ、劇的な売り上げをあげることに至ったのでしょうか。

なんと、ここまでくるのには本人や従業員の努力は勿論のこと、SNSに大きく助けられていたのです。

Instagramでバズったメロンかき氷

フルーツサンドができる以前、なんかお店の売りになる商品を作ろうと考えそこで完成したのが、1/2個のメロンを贅沢に使ったかき氷でした。

それを地元の飲食店やグルメをInstagramで発信している方が、その1/2個メロンかき氷を食べたという写真を投稿。

なんと翌日から連日行列になるほどの大盛況!

そのInstagramを投稿された方のアカウントは、当時のフォロワーが6,000人くらいだったようなのです。

実際にバズった投稿がコチラ▼

 

この投稿をInstagramで見る

 

HUNGRY-GON(@hungrygon)がシェアした投稿

この迫力とこの値段!!絶対に食べたくなりますよね(笑)

人気商品となって喜んだ大山さんですが、その反面「この商品は夏しか売れない」という悩みが生まれました。

その後、季節関係なく売ることができる商品を開発し始めた時に誕生したのが、フルーツサンドだったのです。

Twitterでバズったフルーツサンド

ダイワスーパーの売りでもある美味しいフルーツの魅力を伝えたい!という想いで完成した「フルーツサンド」

大山さんは、自分の商売のスタイルがどこまで通用するのか、東京でもチャレンジしてみたいという一心で、2020年3月に中目黒に新店をオープン。

オープンし間もなく緊急事態宣言となり、フルーツサンドは思うように売れず。

そんな中、フルーツサンドを毎日無償で配ってまわったそうです。

4月の中頃お客さんが徐々に来始めます。

5月末まで緊急事態宣中でしたが、5月14日に突然大勢のお客さんが訪れたというのです。

そう!なんと今度はTwitterでバズったのです!

そのツイートをされたカウントは、当時フォロワー数は37人。

そこから

  • 5.5万リツイート
  • 29.4万いいね

という驚く数字をたたき出し、バズって行きました。

元ツイが見つからなかったのですが、SNSの拡散力はものすごいパワーがありますね。

バズったことも人気店となった理由の1つかもしれませんが、はやり従業員の人柄だったり熱意のある接客など、全てがお客さんの心に響いたからこそではないでしょうか。

このV字回復させたストーリー『逆転人生』がU-NEXTで見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

\今なら31日間無料トライアル実施中/

U-NEXT

社長の大山さんは、接客について

  • 人間力で勝負
  • お客さんを飽きさせない

と、おっしゃられています。

今は亡き先代社長のおじいちゃんは、商(あきない)とは「お客さんを飽きさせない」ことと言われていたそうです。

おじいちゃんのこの言葉、想いをしっかりと受け継がれていることが伝わりますね。

商品ポップの字(毛筆)は社長が書いている?

ダイワスーパーのフルーツサンドなど、商品名のポップがとっても達筆で特徴的な文字ですが、いったい誰が書かれた文字なのでしょうか?

商品のポップ以外にも、お店の公式サイトやInstagram、YouTubeのサムネ、移動販売のトラックと、全てこの字体で統一されているのがとても印象的です!

Instagramをさかのぼってチェックしてみると、はやりこの達筆で素敵な文字を書かれているのは、大山社長ご本人でした。

その理由は、得意な書道を生かして兄(社長)が文字を書き、弟が画像の加工・編集を担当して情報発信をいるようです。

兄弟でしっかり分担し、お互いの得意な分野で協力しているのは本当に素晴らしいですよね!

そして兄弟揃ってイケメンです!

まとめ

今回は『大山皓生(ダイワスーパー社長)の大学や経歴は?年商10億円の逆転人生!』についてご紹介しました。

3,000万円の赤字経営から、現在は年商10億円に見事立て直した大山社長。

このV字回復させたストーリー『逆転人生』がU-NEXTで見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

\今なら31日間無料で視聴可能/

U-NEXT

YouTubeや移動販売など様々な戦略で、今後もっともっと繁盛していきそうですね。

テレビ出演も増え、経営者としても注目を浴びていくのではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。