MENU

【新田真剣佑の嫁】元子役の岡本奈月!略奪婚や不倫の可能性も調査!

新田真剣佑 嫁 元子役 岡本奈月 画像
  • URLをコピーしました!

2023年1月22日に、新田真剣佑さんが結婚したことを発表しました。

お相手については、「元子役・一般女性」と詳しくは公表されていません。

ですが、この結婚相手は岡本奈月さんではないか!?と、話題になっています。

岡本奈月さんは結婚歴があることから、略奪や不倫の可能性も調べてみました!

この記事の内容

【新田真剣佑の嫁】元子役の岡本奈月!

新田真剣佑さんが結婚を1月22日に結婚したことを発表!

お相手が、岡本奈月さんと確信している方が多くいらっしゃいました。

下の方でも交際時期など紹介していますが、岡本奈月さんで確定で間違いないでしょう!

岡本奈月さんは、子役時代は雑誌「ピチレモン」や女優としても活躍されていましたが、20歳の若さで芸能界を引退しています。

とても可愛らしい方ですので、話題になってしまうのは当然のことですよね。

スポンサーリンク

【新田真剣佑の嫁】元子役の岡本奈月は略奪婚や不倫の可能性は?

新田真剣佑さんの嫁ではないかと言われている、元子役の岡本奈月さんですが結婚歴があります。

新田真剣佑さんは、略奪婚や不倫の可能性はあるのか?ですが

結論を先にお伝えすると

略奪婚や不倫の可能性はありえる

その理由として、

  • 岡本奈月さんが結婚していた時期
  • 新田真剣佑さんと岡本奈月の交際時期

こちらについて調べて見ました。

岡本奈月が結婚していた時期

岡本奈月さんは以前、多くの芸能人のスタイリストとして活躍している猪塚慶太さんと結婚されていました。

結婚していた時期は、2017年から2019年の約2年間

ではないかと、言われています。

当時のお二人の年齢ですが

  • 岡本奈月さんが28歳
  • 猪塚慶太さんが43歳

そして、新田真剣佑さんと岡本奈月さんは、どのタイミングで出会われたか?ですが

ファッション誌関係者がこんなことを証言しています。

猪塚慶太さんは芸能界では有名人で、真剣佑のスタイリストとして一緒に仕事をしたこともある。その現場に当時妻だった岡本奈月さんを連れてきたことで、真剣佑と岡本奈月さんは出会いました。

2人が猪塚慶太さんの紹介で会ったのが2018年で、岡本奈月さんと猪塚慶太さんが離婚したのは翌年。真剣佑と岡本奈月さんが正式に交際を開始したのは離婚後みたいですが、タイミングがタイミングだけに〝略奪愛〟だったのでは?と言われてます

新田真剣佑さんと正式にお付き合いされたのは、猪塚慶太さんと離婚した後のようですが・・・

変な誤解や噂になっても不思議ではないですよね。

新田真剣佑と岡本奈月の交際時期

新田真剣佑さんと岡本奈月さんは、いつ頃から交際されていたのでしょうか。

以前、コロナ化で自粛中に沖縄旅行を楽しんでいた時に、週刊文春にデート写真を撮られていることがわかりました。

こちらがスクープされたのは、2020年5月。

真剣佑さんと彼が連れてきた女性が合流しました。離れの部屋が余っているということで、真剣佑さんと女性は離れに2人きりで過ごしていました。

引用元:週刊文春

その後、再び別の週刊誌にもスクープされていました。

「昨年5月の緊急事態宣言下において、山田孝之らとの沖縄旅行を報じられて謝罪した真剣佑。この旅行に“同伴”していたのが、元子役で女優としても活躍したA子です。20歳の若さで引退して後にスタイリスト男性と結婚するも、真剣佑と出会ったとされる2年前に離婚と、“略奪”とも思われかねない経緯から交際スタート。

引用元:週刊女性

A子さん=岡本奈月さんで間違いないと思われます!

こちらの記事が出たのが、2021年5月。

岡本奈月さんが結婚していた時期に交際していたかは不明です。

ですが、離婚後に新田真剣佑さんとお付き合いされているので、「略奪」や「不倫」と噂されているのかもしれません。

スポンサーリンク

【新田真剣佑の嫁】元子役の岡本奈月|SNSの反応は?

新田真剣佑さんは結婚相手について「元子役で一般女性」とし、正式にお相手を公表されていません。

ですが、付き合っていた時期やお二人の画像を見る限り、岡本奈月さんでほぼ確定ではないかと言われています。

お二人の結婚について、SNSの反応も見ていこうと思います。



結婚相手を一般女性と公表されていたので、残念に感じた方もいらっしゃったようですね。

スポンサーリンク

まとめ

【新田真剣佑の嫁】元子役の岡本奈月!?略奪や不倫の可能性も調査!としてお届けしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

この記事の内容