スポーツ

【箱根駅伝2020】ピンクの靴(ナイキ)の価格は?区間記録続出の理由も

2020年の箱根駅伝は、2年ぶりに青山学院大学が優勝しましたね。

青学は、昨年の悔しさもあってか今年は何が何でも!!という気持ちがより一段と強かったことでしょうね。

そんな中気になったのが、今年は本当にピンクの靴(シューズ)を履いている選手が目立っていました。

そして、ピンクの靴を履いていた選手の多くが、区間記録をたたき出していたのです。

今回は、ナイキのピンクの靴(シューズ)について見ていこうと思います。

【箱根駅伝2020】ピンクの靴(ナイキ)の価格

なんと2020年の箱根駅伝の往路では、105選手中87人がこのナイキのピンクのシューズを履いていたことがわかりました。

往路復路で履いていた選手となると、なんと83%だったのだとか。

これって、ほとんどの選手が履いていた割合になりますよね。

だからこのピンクのシューズがやたらと目に入ってきたんですね(笑)

そんな『ナイキのピンクのシューズ』について深掘りしていこうと思います。

この投稿をInstagramで見る

 

Kei(@tigerfreaks_1988_kk)がシェアした投稿

シューズの詳細
  • ブランド:ナイキ
  • 商品名:ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%
  • 価格:30,250円(税込)

ナイキの公式オンラインショップをチェックして見たのですが・・・

2019年1月3日現在、23.5㎝~25.5㎝が既に売り切れとなっていました。

すでに話題になっているので、瞬く間にどこのショップでも品薄状態になってしまいそうです。

価格はナイキの公式オンラインショップでは30,250円ですが、他の通販サイトではかなり高値のものもありました。

▼このショップでは5万円以上の価格に・・

そんなことなら、公式オンラインショップで購入されたほうが100%安全ですね(笑)

【箱根駅伝2020】ピンクの靴(ナイキ)で区間記録続出

箱根駅伝のツイートでは有名な方なのでしょうか?

熊田さんという方が、1区~3区までの選手のシューズを速報してくれていました。

ちなみにその情報によると、1区でナイキ以外のシューズを着用していたのは、

  • 帝京大(ニューバランス)
  • 日大(ミズノ) 

この2校のみ。

2区では、

  • 早大(アシックス)のみ。

 

3区では、

  • 帝京大(ミズノ)
  • 法政大(アディダス)
  • 拓殖大(ニューバランス)
  • 神奈川大(アディダス)
  • 早大(ニューバランス)

だということがわかりました。

そして往路では、すべての区間新記録を叩き出したのが、ナイキのピンクの厚底シューズだったのです。

1区 米満玲選手(創価大) 1:01:13

2区 相澤晃選手(東洋大) 1:05:57 新記録

3区 イエゴン・ヴィンセント・キベット選手(東国大) 0:59:25 新記録

4区 吉田祐也選手(青学大) 1:00:30 新記録

5区 宮下隼人選手(東洋大) 1:10:25 新記録

次々に区間記録をたたき出した、ナイキのピンクのシューズ。

そんなすごいシューズは一体どんな特性があるのか?気になりますよね。

【秘密兵器を内蔵】
このシューズの革新性は、極めて高いエネルギーリターン率にあります。秘密はNikeで最も反発力に優れたNike ZoomXフォームに挟まれた、軽量のカーボンファイバー製プレート。これらのプレートとフォームが連動することで足を前に押し出す感覚が生まれ、走りにスピードを加えます。

【驚異的な軽さのアッパー】
最新のVaporWeave素材は、極めて頑丈でありながら驚くほど軽量。耐水性にも優れているので、頭から水をかぶってもシューズに浸透することはありません。

引用:https://www.nike.com/jp/

 

まとめ

今回は『【箱根駅伝2020】ピンクの靴(ナイキ)の価格は?区間記録続出の理由も』についてご紹介しました。

毎年ピンクのシューズを履いている選手は見かけますが、2020年の箱根駅伝では往路105選手のうちなんと87人がナイキを履いていたのです!

ここまで好タイムをたたき出せるシューズなので、来年の箱根駅伝はどうなるのでしょうか(笑)

一般ランナーの方も、欲しくなる人が急増しそうな予感です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。