TV番組

欲望の塊(東京MX)の制作はP-styleと五行株式会社?ホストりっくんが被害!

東京MXテレビが昨年放送した『欲望の塊』。ホストがゲームで戦い優勝者には、なんと2000万円近い高級車が贈られるというバラエティー番組だったのですが、収録から1年が経過しても優勝賞品が渡されていないことが発覚。

被害を訴えている優勝者のホストの男性は一陸斗社長(噂のりっくん)31歳。

そこで、今回は、欲望の塊(東京MX)の制作会社はどこなのか?について見ていこうとおもいます。

欲望の塊(東京MX)がランボルギーニを不譲渡

東京MXテレビが昨年放送した、ホストがゲームで戦い優勝者に高級車が贈られるというバラエティー番組で、収録から1年が経過しても優勝賞品が渡されていないことが17日、分かった。被害を訴えている優勝者の男性ホスト(31)がスポニチ本紙に怒りの激白をした。

男性は新宿区歌舞伎町のホストクラブ社長で「噂のりっくん」の源氏名で働いている。「欲望の塊」と題した番組出演を持ちかけられたのは2018年10月。ホスト専門誌を扱う会社の関係者から「150万円の出演料を払えば、地上波で3カ月で十数回の露出が見込める」と言われた。出演料は払うことになるが優勝者にはランボルギーニ社製のスーパーカーが手に入るという趣旨の説明が記された1枚の書類も見せられた。

その後、男性は「東京MXで地上波放送だったので信用できると思った」と承諾。話を持ちかけた会社から届いた請求書に従って、指定の振り込み先に150万円を振り込んだ。領収書は届いたが、収入印紙が逆に貼ってあったことから送り返したところ、いまだに戻ってきていないという。

同年12月から収録がスタート。20人の男性ホストが複数のゲームで2000万円相当のスーパーカー争奪戦を繰り広げ、見事に「噂のりっくん」が優勝。「実物が収録現場にあり、名義変更すると思っていた」が、そこにスーパーカーはなかった。所有しても管理費がかかることから、番組責任者と話して後日、換金して受け取る約束をした。

だが、支払いは何度も先延ばしにされ、昨年11月末に責任者に電話で催促したところ「車を換金する人に任せて自分も確認できない」と返答された。これが責任者との最後の会話となった。

男性は「これは地上波を使った詐欺。なぜこのような事態になったのか。なぜ責任者と連絡取れなくなったのか。局側や制作側には納得できる説明をしてほしい」と怒りをあらわにした。現在、弁護士に被害を相談し、制作側への法的措置を視野に入れている。

 

ホスト噂のりっくん(一陸斗)が被害に

実際に被害に合われたご本人がこの件でツイートされたことで、疑惑が表沙汰になりました。

ホスト1人1人から150万円ずつ集め、色んな戦いをし、そこで勝ち上がった優勝者がランボルギーニをもらえるという企画だったようなのです。

その時参加したホストの人数は、20名弱。

一陸斗さんは、2000万円近く集まっているはずとも言われています。

参加者はこのお金でランボルギーニを買うものだと思ったに違いないでしょうね。

一陸斗さんによると、2019年2月からランボルギーニの話をしているものの、約束の期日を何度も無視。

そして、ランボルギーニを実際に見せてもらっていないというのです。

ホストの皆さんから集めた多額のお金は、一体どこに消えてしまったのでしょうか。

欲望の塊(東京MX)の番組内容は?

東京MXテレビで2019年1月8日27:10より放送の新番組「欲望の塊」

極楽とんぼ・山本圭壱が復帰後初メーンMCを担当。

成功者の象徴をかけてホスト20人が様々な競技にチャレンジし、優勝者1名がランボルギーニを獲得できるという内容。

上記のYouTubeが、この企画の放送1回目となっています。

極楽とんぼの山本圭壱さんがMCとして復帰されていたのにも、ビックリしました(笑)

責任は制作会社の株式会社P-style?五行株式会社?

MXは、今回のことだけでなく、以前にも疑惑があったようですね。

そして、りっくんさんが上げていたTwitterの請求書画像には、P-styleと五行株式会社という名前があります。

この2つの会社が制作に関わっていたのでは?と推測できます。

今回起こっている、ランボルギーニ不譲渡となる詐欺疑惑ですが、

この責任は、誰が取られるのでしょうか?

ネットニュースにもなり、かなり拡散されたことで、真実が明らかになる日も近いかもしれませんね。

まとめ

今回は『欲望の塊(東京MX)の制作はP-styleと五行株式会社か?ホストりっくんが被害!』についてご紹介しました。

ホストの一陸斗さんには、ランボルギーニは無事に譲渡されるのか?

今後の動向にも注目していきたいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。