話題の人

小田安珠(2020ミス日本)の出身高校は?経歴やプロフィールも!

第52回ミス日本コンテスト2020のグランプリに輝いた小田安珠さんですが、どこの高校に通われていたのでしょうか?そして小田安珠さんの経歴やプロフィールについても、一緒に見ていこうと思います。

この投稿をInstagramで見る

 

小田 安珠(@oda_anju)がシェアした投稿

小田安珠(2020ミス日本)のプロフィール

小田安珠さんはのプロフィールについてもチェックしていきましょう。

この投稿をInstagramで見る

 

小田 安珠(@oda_anju)がシェアした投稿

プロフィール

名前:小田 安珠(おだ あんじゅ)

生年月日:1998年8月3日

出身:東京都日本橋

血液型:AB型

身長:170cm

特技:クラシックバレエ

趣味:ミュージカル鑑賞、ドライブ

高校:日出高校

大学:慶應義塾大学 文学部 人文社会学科 民族学考古学専攻

資格:英検2級、漢検2級、秘書検定2級、ニュース時事力検定2級

座右の銘:継続は力なり

所属事務所:セント・フォースsprout

小田安珠さんは1998年8月3日生まれで、21歳(2020年1月現在)です。

出身地は、東京都日本橋ということもあってか、自身は「生粋の江戸っ子」と言われています。

商店街は多くのお店が並んでいるので、下町の温かさに触れて育っているのが伝わりますよね。

そして、アナウンサーになった際は、東京の魅力を伝えていく活動もしたいとおっしゃっています。

高校

卒業された高校は、どこなのか?というと

日出高校を卒業されていることがわかりました。

偏差値は43~48なので、東京都内の高校ランキングでは634校中402位となっています。

日出高校は、芸能人が多いことでも有名な高校です。

芸能人やタレントで日出高校出身の方というと・・・

  • 仲間由紀恵
  • 矢田亜希子
  • 仲里依紗
  • 北乃きい
  • キスマイ 玉森裕太さん
  • 松岡茉優さん
  • 新垣結衣さん

もう、誰もが知っているような、有名な方々が多い印象です。

日出高校になぜこんなにも芸能人が多く通っているのでしょうか?

日出高校には芸能コースがあるからなんです。

全日制の高等学校ですので、普通科のコースもありますが、芸能コースがあるという事で芸能人が多く通われています。

小田安珠さんは、高校2年生まで芸能活動をされていたようなので、もしかすると普通かではなく、芸能コースだったのかもしれません。

大学

大学は慶應義塾大学に通われています。

学部は、文学部 人文社会学科 民族学考古学専攻。

大学進学を機に、芸能活動より勉強に注力していたのではないでしょうか。

大学3年生となった現在は、古墳時代の埴輪(はにわ)について研究されているそうです。

そして、大学ではサッカーサークル「慶応キッカーズ」でマネージャーをしています。

小田安珠さんはスポーツ好きなのかな?と思いきや、スポーツをするのはあまり好きではないようです。

小田安珠(2020ミス日本)の経歴

この投稿をInstagramで見る

 

小田 安珠(@oda_anju)がシェアした投稿

小田安珠さんはどんな経歴の持ち主なのでしょうか?こちらも一緒にチェックしていきましょう。

  • 中学3年生の時、第38回ホリプロスカウトキャラバンでファイナリストに選出
  • その後、ホリプロ・インプルーブメント・アカデミーに所属 モデルやタレント活動をスタート

かっぱ寿司のCMにも出演されていたとのこと。

高校2年生の時、芸能活動より慶應大学に入って活動しようと決め、芸能活動をいったん休業されます。

その後、慶應大学に入学。

2018年のミス慶應コンテストでグランプリに選出されます。

大学2年の時から大学を続けたまま、ファッションビジネスの専門学校にも通われています。

2018年12月から2019年5月までBSフジ「BSフジNEWS」で学生キャスターとしても活躍されていたようですね。

この投稿をInstagramで見る

 

小田 安珠(@oda_anju)がシェアした投稿

2019年にはめざましテレビのstudentリポーターとしても出演!
かなりテレビでの活動が、増えてきている印象です。

2020年に入り、第52回ミス日本コンテスト2020のグランプリを受賞。

まとめ

今回は『小田安珠(ミス日本2020)の高校や経歴は?彼氏の噂もチェック!』についてご紹介しました。

出身高校は、多くの芸能人が卒業されている日出高校でした。

現在慶応義塾大学に通われていますが、既に所属事務所がセント・フォースsproutということもあって、今後の活躍が楽しみですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。