ニュース

【新型コロナウイルス】検査拒否の2名は誰で名前や顔写真は?

中国武漢より感染が広がっている新型コロナウイルス(新型肺炎)ですが、1月29日にはチャーター機にて、206人の日本人が武漢から帰国しました。
206人のうち、199人が診察・検査を受けましたが、2名の方が検査を拒否したというのです。

これについては、多くの批判が殺到し、実名や住所など身元の特定が求められています。

そこで今回は、検査を拒否した武漢帰国者は誰で名前や住所など、世間の反応を調査していきます。

武漢から帰国した2名が検査拒否


2020年1月29日日に武漢から日本へチャーター機で帰国したことについて、世間では大きく話題になり、その後の国の対応も問題視されています。

帰国者の日本人206名のうち、12人が発熱や咳などの症状で入院予定だということです。

そして最初に搬送された5名を除き201名の内199人が、新宿区の国立国際医療センターで検査を受けた結果、合計12人が入院することとなったようです。

しかし、なんとその内の2名からは検査の同意を得られなかったことで、検査はされなかったそうです。

その後、検疫官が自宅まで送り、今後の健康状態を確認していくとのこと。

こんなことは、あっていい訳がありませんよね。

しかも、後にわかったのが、206人の中から3名のコロナウイルス感染者が出ています。

検査を拒否した2名に感染していたとしたら・・・

考えただけでも恐ろしいことですよね。

検査拒否の2名は誰?実名や住所や勤務先の会社は?

今回、武漢から帰国した日本人のうち、2名の方が検査拒否されています。

この2名は誰なのか?話題になっていますが・・・

人権の考慮から身元や実名の公開はされていません。

これに対してネットの声に「検査拒否2人の名前は?」「検査拒否2人の住所の特定は?」など、身元の特定を求める声が殺到しています。

2名が検査拒否した理由は麻薬や覚醒剤か?

今回、武漢から第一便で帰国した206名のうち、2名だけが検査を拒否しました。

そこで、なぜ検査を拒否したのか?

他になんらかの理由があるのでは?と、世間では様々な声が上がっています。

薬物を使用していたのか、偽造パスポート、など色々な憶測が飛び交いましたが…

最新の報道では「症状がなかった」「帰国したのだから早く家に帰りたかった」と答えていることがわかりました。

この検査を受けさせることに、現在の日本の法律では、絶対の権限がないようです。

ですが、実際に無症状の方もコロナウイルスに感染されていました。

検査せずに帰宅したがために、そこから広まることを考えると、恐ろしいことですよね。

2020年1月30日現在、日本では今のところ死者は出ていないものの、感染が拡大しているのは事実です。

最悪の事態になる前に、収束してくれることを祈るばかりです。

=====追記=====

検査拒否をされたお2人の方が、今になって検査を受けたいと申し出たそうです。

そう思うなら、なぜ初めから受けなかったのでしょうか・・・

これまた批判が殺到しそうです。