TV番組

多重人格者haruは嘘や演技(やらせ)ではない!世間の反応も!

2月3日(月)から「1番だけが知っている」に、多重人格者haruさんが出演します。多重人格者haruさんに関して「やらせっぽい」「演技ではないのか」という声が上がっています。

そこで今回は、多重人格者haruさんに関して
・嘘で演技(やらせ)ではない理由
・haruさんのプロフィール
・多重人格10人の人格
・世間の反応

こちらに注目して、見ていこうと思います。

多重人格者haruは嘘や演技(やらせ)ではない理由

TBS『1番だけが知っている』に、2019年11月25日の放送にも【多重人格者haruさん】が出演されました。

自分自身に10人の人格がいることなど、あまりにも衝撃的な内容ということもあり「やらせっぽい」「演技ではないのか」などと、haruさんの多重人格を疑問視する声が上がっていました。

小説や映画、ドラマのような世界なので、疑ってしまいますよね。

そこで、haruさんについて深く調べているうちに、「やっぱり演技や、やらせじゃない」と感じる部分がTwitterやnoteに多くあったので、ご紹介していこうと思います。

多重人格者haruのプロフィールや経歴

多重人格者haruさんは、どのような経歴の持ち主なのでしょうか?プロフィールもチェックしていきましょう。

プロフィール

本名:不明

生年月日:1996年

性別:女性⇒男性(性同一性障害)

出身:兵庫県

高校:専門学校

大学:通信制大学心理学部

職業:システムエンジニア等

haruさんは1996年に女性として誕生。

3歳のころには、すでに別人格の一人が生まれていたようです。

GID(FtM)/ADHD(ASD傾向)/DID(多重人格)の診断済み20代。障害者手帳3級。通信制大学生。cotonoha[
@cotonoha_voice
]の開発者。放デイ保育士で塾講師でエンジニア。国内で気軽に会える多重人格の人。上野駅からの交通費と諸経費と5000円を頂いています。お誘いはいつでもDMから受付中。

引用:haruさんTwitter

 

多重人格者haruのTwitter

haruさんはTwitterでもご自身の解離性同一性障害や、日常のことをTwitterなどで発信されています。

そして、最近ドラマ化されることが決まって話題な『レンタルなんもしない人』ことレンタルさんとも繋がりがあるようですね。

レンタルさんについての記事▼

多重人格者haruのnote

haruさんはTwitterの他にも、noteでも解離性同一性障害やご自身についての発信もされています。

かなり素に近いharuさんがうかがい知ることができます。

そして、notoやTwitterの内容を見ていくうちに、絶対に「やらせ」や「嘘くさい」なんて感じないと思います。

多重人格者haruの10人の人格まとめ

主人格は「haru」23歳のほかに、10人の別人格が存在しています。

どんな人物がいるのかというと・・・

洋祐:「僕」と同じ年で23歳。交代人格のまとめ役。

結衣:16歳で唯一の女性としての人格。

悠:性別不明。うつ病で不登校になったときに形成。

はると:6歳。詳細は不明。

悟:13歳。中学校に入学し、一生懸命適応しようと思っていた頃の人格。

圭一:25歳。中学時代にテストを変わりに受けて成績を維持していた存在。

航介:17歳。高専でロボットを作っていた時期にいたのではないかと推測される。

付(つき):気がついたときにいた。深夜に家を飛び出したりしていた頃の人格。

圭吾:19歳。変な人に絡まれるなど危ない局面で、まとめ役の洋祐が意図的に出せる唯一の人格。

灯真:年齢がなく、いつからいたか不明。

16歳の結衣さんは、唯一の女性人格のようですね。

以前アベマTVでもharuさんが生放送に出演されていました。

人格者の1人である結衣さんが、嵐の「二ノ宮くんです」と答える早さで、ガチファンなのが見受けられます(笑)

そして結衣さんに変わったときの仕草やしゃべり方も完全に女の子ですよね。

多重人格者haruの世間の反応

haruさんに対して、「やらせ」や「演技」「嘘っぽい」と言った、マイナスの意見も見受けられましたが、それ以上に肯定的な声が多い様に感じました。

まとめ

今回は『多重人格者haruは嘘や演技(やらせ)ではない!世間の反応も!』についてご紹介しました。

10人の人格が存在しているharuさんですが、haruさんの発信で解離性障害を初めて知った方も多いのではないでしょうか。

haruさんを初めて知ったときは衝撃的でしたが、とても心が温かい方でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。